親知らずの抜歯体験について!国に認められた病院でしよう

私には親不知が4本あり、歯科医からは「どれもいずれは抜かなくてはならないだろう」と言われていました。

はじめて親不知を抜くことになったのは、大学生の時です。斜めに出てきた上顎の親不知に小さな虫歯が出来たのがきっかけでした。

それまで抜歯をしたことなどなく、麻酔すらしたこともなかったのです。診察台に乗っている私は恐怖ばかり。歯科医が処置している間は『あれ、なんかちょっと乱暴じゃない』と不信に思ったものです。

その夜、麻酔が切れてからはまさに地獄!痛みにのたうち回り、一睡も出来ませんでした。翌日すぐにまた病院へ行きましたが、発熱し、痛みも治まりません。

もう抜歯なんて二度としない!と心から思いました。

そして嫌々ながら訪れた2回目の、親不知の抜歯。それは結婚式を半年後に控えた26歳の時でした。

今度は下顎の親不知。しかもその時は疲れがたまると痛みがでるようになっていて、完全に横に向かって生えてしまっていました。

前回の痛みの恐怖から、抜歯は嫌だと歯科医に伝えました。前回の歯科医院とは違う所に通っていたのですが、担当医の先生は『大丈夫ですよ。恐怖はあるかと思いますが、既に痛みも出ていますし、しっかり治療しましょう』とおっしゃいました。

私も勿論このまま、痛いままでいられるわけもないとわかってはいましたので、抜歯することにしました。

ところが、思っていたよりとってもスムーズに抜歯は終わり、術後わずかに痛みはありましたが、前回と比べ物にならないくらい負担が少なかったのです。本当にホッとしました。

そして、それから約10年。また近いうちに反対の下顎の親不知を抜かなくてはなりません。

また過去2回と違う歯科医院に通わねばなりません。歯科医院選びは慎重にしたいものだと、思います。

信頼できる担当医に、安心しておまかせ出来るということは、ストレスも1つ無くなるという事です。

また酷い痛みがあってもすぐに病院に行けるように、病院のお休みを把握して抜歯の予約をとっておくと安心だと思います。

歯科医の腕はもちろん、その時の自分の体調や疲れなども大きく関係するでしょう。体調不良の時や、疲れがたまっていると、抜歯後に響きます。

抜歯に向けて体調をしっかり整えておこうと思っています。

コウジ酸を含有する医薬部外品等に関する安全対策について

ホームホワイトニングをするなら腕のいい医者に限る!

腕の良い歯医者にホームホワイトニングをお願いしよう

歯医者に通うといえば、まず通いやすいところを選んでしまいがちです。ですが、医者の腕により自分の顔が変わってしまう可能性があるのです。

私は長年家の近くの歯医者にかよっていました。ただ近いからそれだけの理由です。お恥ずかしい話、幼い時から虫歯が多かった私は歯医者に通うことが頻繁でした。一時期、歯医者に通うお金がなく、虫歯を放っておいた時期がありました。すると、ある日たこ焼きを食べた拍子に上の歯が一本崩壊してしまいました。ですが笑っても見えない位置だったため、また放置。何カ月も放置していたら崩壊した歯のちょうど真下の歯が伸びてきていたのです。

だんだん噛みづらくなってきたことから、ついに歯医者にいくことにしました。上の歯がないせいで、下のはが伸び出し、かみ合わせが悪くなり、結局下の歯もなにも悪くないのに削らなければいけなくなってしまいました。自業自得です。そして、虫歯が痛むたびに歯医者に行き、治療をしてもらいました。何度も何度も銀歯は作り直されていきます。

そんなある日、ふと鏡を見ると自分の顔がこんなに出っ歯だったかなと思うようになりました。そして、引っ越しを機に歯医者も変わりました。次の歯医者は、なるべく歯を抜かないがモットーらしく審美治療も行っているところでした。レントゲンをみたところ、出来ればすべての銀歯を作り直したほうがいいと言われました。銀歯の奥で膿がたまっていると…。以前神経の治療をしたときに菌を除去しきれていなかったのだろうとのことでした。

そして治療が開始されると、その神経があったところに治療器具が残されていると言われました。驚きました。以前の歯医者は一人で行っていたため、忙しくて対処できなかったのでしょう。さらに度重なる銀歯の入れ替えのため、かみ合わせが下がっていると言われました。出っ歯に感じていたのはそのためだったのでしょう。こちらの歯医者では、常にお医者さんが数人おり優秀な歯科助手さんが治療プランを立ててくれます。

一度すべての銀歯を外し、かみ合わせを上げる作業をしてくれるそうです。丁寧な説明で解りやすくとても信頼しています。これから治療が進み、かみ合わせが治ると思うと歯医者に通うのがとても楽しみになりました。
やはり、歯医者も腕の良しあしがありますので、家から近いところでないと通いにくいからと思わず、慎重に選ぶべきだと思いました。今の歯医者に変えて本当に良かったと思います。

参考記事 楽天通販で人気!歯を白くするホームホワイトニングジェル

親知らずが生えてきて痛かったので抜歯

歯は一生使うものなので大切にしないといけませんよね。その為には日々の歯磨きがかかせません。
しかし、歯磨きをしてもどうにもならないことがありまます。『親知らず』です。
親知らずがちゃんと生えてきた人はラッキーです。
初めて親知らずを抜歯した際に分かった事ですが、私の場合は親知らずが4本全て歯茎の下で上に向いていなく横に向いて生えていたのです。
つまり、親知らずが生えようとすればするほど奥歯を押してしまい歯が痛くて堪らなくなるという現象に繋がっていたのです。
ある時むし歯とは違う歯茎が痛い・頬骨の辺りが鈍痛が続きました。その時には『成長痛かな?』と訳のわからない考えで放置していましたが、流石に痛みが続くので歯科受診をした所、上記の事を言われました。
と言うことは、親知らずが生えようとしたら全て抜歯することになるのです。歯科が苦手な私にとってショックでした。
そして抜歯の日を迎えました。まずは麻酔です。歯茎に注射をするのですが、腕に注射するのとは訳が違って何とも言えない、鋭い痛みが走りました。そしてだんだん歯茎が麻痺してきました。
先生が次に取り出した物は、抜歯するペンチのような器具!それを見た私は半泣き状態でした。
麻酔をしたけれど痛かったらどうしよう。。その思いだけでした。ゴリゴリゴリと歯を動かしている感覚が伝わってきました。『あぁ、親知らずが抜かれてるんだ。なかなか抜けないって事は、結構強い歯なのかな。』と考えてました。
そしてついに抜歯完了で、終わると思いきや縫合がありました。(そんなに親知らず大きくなっていたのね)
しばらく麻酔が効いて痛みはありませんでしたが、切れると痛みが再開です。そして口の中が何とも言えない感覚で鏡で見たいけれど怖くて見れない日々でした。
次は抜糸です。抜糸はすぐ終りましたが、抜糸独特の『チカッ』っという痛みが走りました。
これで治療は終わりなのですが、抜歯をすると歯茎が陥没するんですよね。何が言いたいかと言うと、食べ物が入り込んで取りずらいんです。しかも奥歯の奥で鏡でもなかなか見えないという不便さでした。
月日が過ぎた現在は歯茎も盛り上がってきて不便は無くなりましたが、当面の間は食後は陥没した個所の掃除に時間を費やしていました。
次からは、独特の痛みが来ると『親知らずが動き出したんだな』と分かり、すぐ歯科受診をするようになり慣れましたが麻酔の痛みだけは慣れる事はありませんでした。

歯の健康法について今から知っておきたい問題と対処方法

歯は産まれてから一生お世話になるものです。
生活するうえで毎日欠かさず使用する体の一部分です。だからこそ疎かになりやすい部分でもあります。
歯磨きを一日3回しようがそれ以上しようが、要はどれだけきちんとしたやり方でやっているかによって虫歯になったり弱い歯になったり、
または歯槽膿漏になったりと歯の病気に掛かりやすくなる要因はある程度自分が招くものだと思います。
わたしが実践していることは期間を決めて定期的に歯科医にいき、四石歯垢を取ってもらうことです。
いくら丁寧にブラッシングを行っても人の手でできることには限界があると思います。
歯垢や歯石は必ず付着するものです。
磨き残しも必ずでます。
定期的にアフター受けることである程度虫歯予防に繋がるばかりか、怖い歯周病から守ることが
可能になります。
口臭予防にもなります。
歯磨き粉は高価なものだから良いというものではなく、フッ素が入っていれば大丈夫だと歯医者さんは
いいます。それと同様に歯ブラシも高ければ良いというものではないです。
確かに磨きやすいデザインとかはある程度あるでしょうが、一番は歯科医が勧めるシンプルな、且つ
リーズナブルな歯ブラシで充分だと思います。
高価なものを長く使うよりシンプルなものを一カ月ごと取り替えることのほうが重要です。
毛先が倒れてきたりバラバラになるまで使うのはかえって歯茎を傷めたり隙間の歯垢を取り除けなかったりと
歯磨きをしているにもかかわらずマイナスになってしまいます。
朝起きたら 口の中を消毒する液状のもので30秒ほど就寝中に増殖したばい菌を洗い流すことが大事です。
それから朝食をとり、その後に歯磨きを最低でも3分ぐらいかけて丁寧に磨くことをお勧めします。
10時過ぎにまた口の洗浄(うがいでも可)を行い、昼食後にまた歯磨きをします。
3時過ぎにまた口の中の洗浄をして晩御飯食べた後はまた洗浄をして夜寝る前に歯磨きを5分ほどかけて
まんべんなく丁寧に磨きます。
それを毎日の習慣化にして生活の一部として必ず実行していれば虫歯にはなかなかならなくなります。
一生お付き合いする歯ですから自分で守るべきですし大事にするべきです。
歳をとっても健康で入れ歯ではなく自分の歯で美味しい物を食べれる喜びを味わってほしいです。
歯だけでなく歯茎の健康のためにも時々指の腹で歯茎マッサージをすることもお勧めします。
歯槽膿漏気味の方であっても、薬用の歯磨き剤を使用することにより改善がはかれますので
諦めず行動することが大事です。

やっぱり外食・飲み会は太る?!お家で過ごした年末年始ストレスなく体重が減った私の体験談

年末年始って楽しいイベントがいっぱいですが、外食や飲み会が続きあっという間に数キロ増えてしまい焦って体重を落とす方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな私もクリスマスに忘年会、お正月に新年会などとイベントや飲み会が続く年末年始だけで2キロ~3キロ太るのが当たり前の数年を送っていました。年齢を重ねるとこの2~3キロを落とすのが大変なんですよね。若い頃はすぐ落とせていたのですが、アラサーの私はこの2~3キロを落とすのにここ数年苦戦していました。
しかし今年の冬は数年勤めていた職場を辞めたことで忘年会や新年会もなく、クリスマスも自分でケーキを作り、お正月も質素にお雑煮だけ…と家で過ごすことが多かったのです。すると、毎年正月明けには2~3キロ増えていた体重。今年は全然増えていなくてビックリ!

毎年クリスマスだ!と言っては無駄に外食に行き、ケーキを食べ、忘年会・新年会ではベロンベロンになるほどにお酒を飲み、お正月は実家に帰省しご馳走を食べる…こんな年末年始を過ごしていれば太るのは当たり前かもしれませんが、今年は仕事を辞めたことでお金にそんなに余裕もありませんでしたし、田舎の方に引っ越したので飲みに行くのも時間がかかるようになってしまい、家で大人しく過ごしていたのです。
ちょっと寂しいなぁ~なんて思っていたのですが、正月明けの体が重い感じが全くないのはとても快適です。働いていた頃は私はお酒が好きなんだ!と思っていましたが、家でのんびりと過ごしている今はそんなにお酒を飲みたいと思わないですし、お酒の時のおつまみって高カロリーだったり、塩分が多かったのでしょう。年末年始は必ず体がむくんでいたのですが、それもなく体はとても快適です。

今年の年末年始はダイエットをしよう!食事制限をしよう!と思って過ごしていたわけではなく、逆にここ数年のお正月に比べると家でごろごろしている時間は多かったですし、ごはんもお菓子も食べたい時に食べていました。ストレスなく体重が減っていたので嬉しかったです。
とにかくここ数年の年末年始の過ごし方と違ったのは外食をしていなかったこと・お酒を飲んでいなかったことです。時間があったので自炊もしていました。自炊に慣れてくると外食の味付けの濃さにビックリすることも。

働いているとお付き合い等で飲み会や外食が続くのは仕方ないですが、やっぱり体に負担をかけていたんだなぁ~と実感。私はちょっとだけ寂しい年末年始を過ごしましたがその分、体が休まって喜んでいる気がします。ストレスなく体重が減ったので、今度は運動を取り入れながら生活習慣にも目を向けてゆるゆるとダイエットを頑張りたいと思っています。

筋肉を作るための食事に気を付けて理想のカラダになろう

筋肉を作るためには筋トレをすることが一番初めに思い浮かぶと思います。
ですが、筋トレだけではなかなか効率良くは筋肉は作られません。
毎日コツコツ鍛えているのに身体に変化がないな…なんて経験はありませんか。
そこで筋肉を効率よく作るための食事を見直してみましょう。

まず、筋トレを始めたきっかけとしてダイエットを目的としている方もいると思います。
筋肉をつけたいと思ったときに無理な食事制限をしていません?
その食事制限で逆に筋肉をつけられなくなっている可能性があります。
現在のダイエット方法で炭水化物を抜いたり、糖質の制限をしたりする方法があります。
これらの方法は脂肪を一時的に減らし、体重が変化したり体型が変わったりなどの効果が早くあらわれます。
ですが、あくまでも一時的な効果です。
筋肉がつけられていないこともあり、すぐにリバウンドしてしまったり、筋トレをしてもなかなか筋肉はつきません。
それは筋肉をつけるためのエネルギーを減らされるからです。

炭水化物には身体を動かすためのエネルギー源があります。
脂肪になる要素も持っていますが、その脂肪を燃やして身体を動かしている大事な役割をしています。
糖質は頭を動かすための重要な要素です。
実は勉強や家事、仕事など頭を使う作業でもカロリーは消費されているため頭が働かない状態を作ると、脂肪を減らすことも筋肉を作ることもあまり効果的にはできないのです。

では食事制限をしないでどのように脂肪から筋肉へと変えれば良いのでしょうか。
それは食事内容の構成を変えることです。

一番よいのは、メインのおかずを増やし炭水化物の量を抜くのではなく減らすことです。
そして筋肉を作るために重要なタンパク質を豊富に取ることです。
タンパク質は肉類、魚類、豆類、乳製品に含まれます。
ダイエットが目的であれば、カロリーの低いササミ肉や白身魚、豆腐などを多く摂ると良いでしょう。
筋肉をつけることが第一の目的であれば、赤身肉を摂るのがよいです。
脂はできるだけない方が良い身体を作るのに適しています。
そしてできれば一度の食事の量を減らし、1日3食の食事から5食に増やすとより効果が出ます。難しいようであれば間食は控えプロテインを活用すると良いでしょう。
ただしこの食事方法やプロテインを使用することは筋トレなどの運動をしっかりすることが前提です。
運動をしないと脂肪だけ増えていってしまうので注意してください。

きれいで引き締まった身体は男女問わず憧れると思います。
運動だけではなく、食事も見直して憧れの身体を手に入れて下さい。